FC2ブログ
*****
http://emichevere.blog42.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
メキシコの結婚式~教会での挙式編~
2009-05-14 Thu 02:58
先日の土曜日に、マリオのいとこ・ディアナ(元モデル!)の結婚式に参列しました

本物のカトリックの式!ということで、来る前から楽しみだったのですが、実際本当に素敵でした。
カトリックの教会で、自分たちが信じている神様の前で愛を誓うのですから、とても重みがあるというか、なんというか、やっぱり違いました
(ちなみに、メキシコ人の9割以上の宗教はカトリックだそうです。)



式が始まったのは、夕方の18時頃でした。
場所は住宅街の中にある教会で、特に結婚式専用・というわけではないようです。
参列者はほぼ全て車で来ているのに、駐車場は特にないようで、教会前の道路は路上駐車でいっぱいでした

まずは、新郎と、両家の家族が入場しました。
そして、生演奏のメンデルスゾーンの結婚行進曲が流れて、いよいよ新婦とお父さんの入場です。
バージンロードを一歩一歩ゆっくり、というわけではなく、普通にスタスタと歩いて入場していました。

まずは神父が、新郎新婦に向けた神様の言葉を読み上げます。
結構長かったですが、歌も所々でありました。

そしてお互いに、誓いの言葉を言います。
誓いの言葉は、「te acepto como mi esposo/a.(あなたを私の夫/妻として受け入れます)」だったと思います。。 そして、指輪を交換しました

その後、新郎新婦は膝をついて、手を組むと、
キラキラしたものでできていて、十字架で繋がれている二つの輪っかを、肩にそれぞれかけられました。
固い絆で結ばれている、ということを表すのでしょうか。。。
(ちなみに、ここは一番感動しました

神父の言葉とお祈りが終わると、白くて丸い、薄いせんべいのようなものを、神父が二人に食べさせました。
その後、二人の両親を先頭に、参列者が次々とバージンロードに列をつくりました。
神父は、順に参列者たちに同じものを食べさせました。

食べた人たちは皆、席に戻ると膝をついて、お祈りをしていました。
何を食べているの?と聞いて説明してもらいましたが、よくわかりませんでした。
特に味は無いみたいですが、とにかく、神聖なものだそうです。

ゆっくりと二人の両親が前に出て、新郎新婦と共にサインを書きました。
書いた書類は、神父が預かりました。

神父の言葉が終わり、ついに退場です。
参列者は、しゃぼん玉で祝福して、お見送りしました
091

式は、1時間くらいだったと思います。日本での結婚式よりも、結構長く感じました。
雰囲気はおごそかでありつつ、時々笑い声も聞こえて、和やかでした
式の後は教会の外で、親戚や友人同士で写真を撮ったりしゃべったり、一息入れつつ楽しく過ごしました。
そして、ぼちぼちとパーティー(披露宴)会場まで車で移動しましたとさ。
つづく。

(おつかれさまでした!)
別窓 | メキシコの結婚式 | コメント (0)
<<かわいそうなバイク | ***** | スペイン語力↑↑にむけて>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| ***** |
copyright © 2006 ***** all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/  ※当ブログに関係の無いコメント等は予告なく削除することがあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。